オフィス

初期費用の予算

オフィスの料金について

パソコン

賃貸オフィスの賃料は、立地場所によって大きく異なります。都心や街の中心地であれば賃料が最も高く、坪単価で1万前後ほどの価格となります。部屋の広さが大きくなるにつれて賃料も上がっていくので、賃貸オフィスを探すときは最初に予算を出しておいて探すと、効率的に探すことができます。賃貸オフィスをかりる場合は、毎月の賃料だけではなく、初期費用を予算に組み込むことも大事です。敷金礼金や保証金、オフィス家具やインターネットなどの設備などの初期費用は必ず必要になるので、これらのことも考えて毎月の賃料を設定することが大切です。もし、十分な予算が組めないのであれば、低料金で利用することができるレンタルオフィスを利用する方法もあります。

賃貸オフィスの新しい特徴

これまで賃貸オフィスはビジネスをするうえで欠かせない存在でしたが、最近ではビジネススタイルの変化とともに、オフィスを必要としない人も増え、賃貸オフィスの形も変わりつつあります。それが「レンタルオフィス」と呼ばれるものです。一般的な賃貸オフィスは内装工事やオフィス家具のほかに、敷金や礼金などの初期投資が必要になりますが、レンタルオフィスは最初から設備が整えられているため、初期投資なしですぐにビジネスを始めることができます。レンタルオフィスが定着しつつある今、賃貸オフィスのイメージも便利で利用しやすいものに変わりつつあります。オフィスは大企業だけが利用するものではなく、起業家やSOHOなどにとっても利用しやすいものに変わりつつあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加